湯島出張マッサージ

湯島付近

電話予約 スマホ、携帯から
03-6228-3195

湯島出張マッサージ

リンパマッサージ

以前は出張先ではマッサージを受ける事はありませんでしたが、年齢と共に身体のメンテナンスはとても重要なものだと考えるようになってからは、出張中も自分の身体には気を使っています。
自分の身体を自分できっちりとメンテナンスする様になってからは、仕事面でも向上ができていると感じています。
私が今、頼む事が多いのは湯島に滞在中の時は断然、東京ラヴィジュールが多いです。
東京ラヴィジュールを知ったのは、ネットのマッサージランキングからでした。
女性セラピストの質が高い、マッサージ技術のクオリティが高い、接客の態度が徹底されている。などの良い口コミが多かったことで、一度頼んでみたいという気持ちになっていました。
そのタイミングで連泊で湯島の仕事が舞い込んだので、出張可能な範囲かを問い合わせをしたら、約30分でホテルまで来てくれるとの言うので、そのまま予約を入れました。
マッサージの説明と会計を済ませると、速やかにマッサージが始まりましたが、担当してくれたセラピストさんの技術がとても高くて本当に嬉しい喜びでした。
お試して60分コースをお願いしましたが、本当に充実したとても良い時間でした。
値段以上の体験が出来たと思いました。
宿泊先の自分が休むベッドで受けるマッサージはまさに至福の時でした。

出張マッサージ料金表
その他のセラピストの派遣先地域
亀戸深川青山両国愛宕八丁堀箱崎羽田
晴海勝どき茅場町木場麹町九段下馬込丸の内御徒町芝・芝公園・芝大門

湯島(東京都)付近の出張、可能なホテル

ホテル江戸屋 03-3833-8751 東京都文京区湯島3丁目20-3
東京ガーデンパレス 03-3813-6211 東京都文京区湯島1丁目7-5

受験生で賑わう湯島

湯島と言えば、すぐに思い起こすのが「湯島天神」です。1500年以上の歴史を持つ湯島天神の境内には「湯島の白梅」としても名高い約400本の梅が植えられており、毎年開かれる「梅まつり」が有名です。なお、湯島天神という名は通称であり、正式名は湯島天満宮です。ただ、湯島天満宮という名は平成12年に改称されたもので、元々は湯島神社という名前でした。湯島神社ができたのは菅原道真が生まれる400年も前のことなので、当然天神という名前はついていませんでしたが、それが戦国時代に菅原道真を祀るようになってから湯島天神と呼ばれるようになりました。江戸時代に入ると門前町としても栄えるようになります。
湯島天神の名が全国的に広まることになったのは、泉鏡花の新聞連載小説「婦系図」でお蔦と主税との別れ話の舞台になったことが影響しています。実は、小説には湯島天神での別れ話の場面は出てきませんが、後に舞台や映画で湯島天神が使われるようになったことで、一躍有名になりました。そして、湯島天神からまっすぐ御茶ノ水駅に向かっていくと、駅前を流れている神田川に掛かる聖橋の袂に「湯島聖堂」があります。湯島聖堂は元禄時代に5代将軍徳川綱吉によって建てられた孔子廟で、世界で一番高い孔子像があります。また、「日本の学校教育発祥の地」であり、江戸幕府の昌平坂学問所がここに建ちます。
湯島天神と湯島聖堂は毎年受験シーズンになると、受験生で賑わっています。

その他のセラピストの派遣先地域
汐留白金高輪東京駅築地鶯谷八重洲四谷千代田区中央区
港区台東区墨田区江東区豊島区原宿駒込広尾大塚
東京都内23区に出張致します。

小顔を目指すならリンパマッサージをしよう

リンパマッサージをご存知ですか?リンパの流れが悪くなると、体の調子が悪くなったりむくんだりします。小顔でお悩みの方はリンパマッサージをしてみると目鼻立ちがすっきりして血色もよくなり、顔のラインがしゅっとしますよ。やり方はとても簡単です。顔を洗った後に行うとよいでしょう。化粧水をつけたら、乳液を手にとって顎と耳の間のライン、ちょうど顎の骨と顔の間のあたりを口の下から耳にかけて力を入れずに撫でましょう。そして耳まで行きましたら、首の下までその指先を下ろしましょう。最後に鎖骨の辺りのくぼみを押し込んでリンパを流しておしまいです。
とても簡単ですよね。短時間でできますし、力も要らず痛みもありませんので、どなたでも簡単にできますね。このリンパマッサージは、すぐに効果が実感できますよ。ためしに、顔の左右どちらか半分だけをやってみてください。そして鏡を見てみると、頬のラインが左右で全く違うことがお分かりいただけるでしょう。また、リンパの流れが悪くなると顔色が悪くなりますね。リンパマッサージをしたあとは、顔がピンク色を帯びていることが分るでしょう。これが健康?な顔色なのですね。いずれも、最初は体調の様子を見ながらやってみてくださいね。

電話

トップに戻る

サブコンテンツ

このページの先頭へ