ホテルメトロポリタン出張マッサージ

ホテルメトロポリタンの風景

電話予約 スマホ、携帯から
080-1300-8325

出張マッサージのご案内

ホテルメトロポリタン

料金表

私は仕事がら出張が多いのですが、出張に行くと体が非常に疲れてしまいます。年のせいもあるかもしれまでんが、長時間の移動が何より苦痛なのです。出張から帰ってくると疲れが溜まってしまい、抜け殻のような状態になってしまいます。毎回出張のたびにこんな状態になってしまうのはどうかと思い、最近出張先で出張マッサージを受ける事にしています。出張先のホテルはあらかじめ決まっていますので、仕事が終わる時間帯にマッサージをしてもらうのです。取引先との打ち合わせが17時位には終わっていますので、ホテルに着くのは18時位になるでしょうか。丁度その時間帯にマッサージに来てもらうように、事前に予約を入れています。最近では出張マッサージを行っている店が増えてきていますので、どこに行ってもマッサージを受ける事が出来るでしょう。1時間ほどマッサージをしてもらうと移動と取引先での打ち合わせで疲れた体が一気に回復するのです。同僚と飲みに行ったりするのですが、出張マッサージが終わってからにしています。長時間の移動は足に負担がかかってしまいますので、足は時間をかけてマッサージしてもらっています。マッサージの効果は次の日に現れる事が多く、今までは出張で疲れていたのですがマッサージを受けると次の日も元気でいれるのです。今後も出張の際にはマッサージに来てもらって疲れを取るようにしたいです。

ホテルメトロポリタンのご案内

住所 東京都豊島区西池袋1丁目6-1
アクセス JR・地下鉄・西武・東武各線池袋駅西口より徒歩3分、首都高速5号線北池袋出口より約7分
備考 池袋駅西口より徒歩3分と絶好のロケーション。世界のトップアーティストが数々の公演を繰り広げる「東京芸術劇場」など新しく生まれかわった文化の街池袋、東京の城北地区唯一のグランドホテルです。
ホテルメトロポリタン

池袋の有名シティホテル、ホテルメトロポリタン

ホテルメトロポリタン

ホテルメトロポリタンは、東京池袋に位置する高級シティホテルです。池袋駅西口を出て徒歩3分という立地に恵まれたホテルであり、地上25階からの展望はきらびやかな池袋の街並みを一望できます。
ホテルメトロポリタンの最大の特徴は、非常に豊富なレストランです。ランチやディナーだけを目的としてホテルメトロポリタンを訪れる人も多く、日本料理から本格イタリアン、中華料理などあらゆるジャンルの料理を楽しむことができます。特に1階に位置するクロコダインベイクショップには、有名パティシエが作るパンケーキや焼き菓子などが数多く並び、人気を集めています。
また、高級シティホテルでありながら、間口が広いこともホテルメトロポリタンの特徴です。5階から15階までのスタンダードフロア、16階から23階のデラックスフロアは全室が高速インターネット・Wi-fiを完備し、フィットネスクラブや朝刊サービスなども行われています。そのため、シニアの富裕層からファミリー・カップルまでどんな人であっても利用することができます。

ホテルメトロポリタン付近の出張地域及関連記事

  • サンシャインシティプリンス
  • ホテルリソル池袋
  • 池袋セントラルホテル
  • ホテルサンシティ池袋
  • 第一イン池袋
  • 池袋ロイヤルホテル
  • スーパーホテル東京・大塚 豊島区北大塚2-17-13
  • ホテル出張マッサージ
  • 池袋出張マッサージ
  • 電話

      |  

    ホテルメトロポリタン – Wikipedia

    ホテルメトロポリタン(Hotel Metropolitan/Hotel Metropolitan Tokyo Ikebukuro)は、東京都豊島区西池袋にあるシティホテルである。JR東日本グループのホテルチェーン「JR東日本ホテルズ」のシティホテルブランドである「メトロポリタンホテルズ」の旗艦拠点である。

    2007年に実施された東日本旅客鉄道(JR東日本)の経営方針『選択と集中』によるホテル運営会社再編で(当ホテル運営企業を存続会社とした)日本ホテル株式会社が運営している。

    IHGのフランチャイズホテルとして、対海外向けにはクラウンプラザ メトロポリタン東京を英文にした名称が通常用いられていたが、2009年2月19日にワールドホテルズへの加盟が発表され、同年4月1日よりメンバーとなる。これに伴い、英文名称もHotel Metropolitan Tokyoに改名される。
    概要
    膨大な累積債務に苦しむ国鉄は、その赤字解消策の一環として国鉄用地の売却または再開発を積極的に推進していく方針を固め、国鉄は総裁の諮問機関である資産活用懇談会に国鉄資産の活用方法についての検討を求めた。1978年6月に懇談会が国鉄資産を積極的に活用していくべきとの答申を出したことを受け、池袋駅西口の国鉄官舎跡地7.650㎡に関しては、ホテルの建設が決定した[2]。そして運営・開発主体となる池袋ターミナルホテル株式会社を国鉄が50.25%、東武鉄道が25%などの出資で設立され[3]、事業に着手。ホテルの名称は一般から募集されホテルメトロポリタンと決定し[4]、1985年6月2日にオープンした[5]。

    ホテルメトロポリタンは首都圏初の国鉄グループホテルで、国鉄が出資して運営に参画した初の本格的なシティホテルとしてオープンし[5]、24階建てに815の客室(2007年時点)・大小10以上の宴会場・和洋中伊のレストラン・婚礼設備をはじめ、ショッピングアーケード・エステティックサロン・美容室・ビジネスセンター等、西池袋地区随一のシティホテルとして一通りの施設が設けられている。宴会場では、母体企業であるJR東日本及びJR東日本グループ企業の研修や式典、採用関係に用いられる場合もあるが、JR東日本の株主総会は例年ホテルニューオータニで執り行われている。

    ホテルメトロポリタンは当時未開発であった池袋西口のその後の繁栄の中心となっただけではなく、メトロポリタンホテルズのフラッグシップとしての役割を果たしている[3]。

    運営企業
    池袋ターミナルホテルは、1992年6月に開業する芝浦工業大学高等学校跡地の再開発であるメトロポリタンプラザ事業も手掛けることになり、それに伴い1986年10月1日に「池袋ターミナルビル」へ社名変更し[6]、双方の運営を担っていた。また、1996年には同社によって「ホテルメッツ浦和」が開業し、ビジネスホテル運営にも進出した。加えて1999年にJR東日本の方針によって、メッツホテルアンドレストラン株式会社を子会社として設立し、東京都隣接県のホテルメッツ運営を集約した。これによって2000年に開業した「メッツ溝の口」以降、同社運営の新設のメッツには飲食店としてメトロポリタンの中国料理レストラン「桂林」の姉妹店「チャイナ桂林」を設置している。

    1990年代中盤からホテル事業のチェーンオペレーションを推進するにあたって、首都圏において営業地域が重複しているにもかかわらず、池袋ターミナルビル、ホテルエドモント、(旧)日本ホテルと3つのホテル企業を抱えることの非効率性がJR東日本社内で指摘され始めた。このため、同社内でホテル事業の在り方が議論され、2002年にホテルチェーン全体の機能強化とレベルアップを図るために3ホテル事業を統合し、経営基盤を強化することを主眼とする事業の再編成を行う方針を決定した[7]。

    決定に基づき、2004年4月にターミナルビル社はメトロポリタンプラザ事業部門を会社分割によって(新)池袋ターミナルビル株式会社を設立し譲渡。旧社は株式会社ホテルメトロポリタンへ社名変更した。これに伴い分割実施まで持分法適用会社としていた東武鉄道は資本を引き上げ、両社ともJR東日本98.75%、鉄道会館が1.25%出資するJR東日本の連結子会社となった。さらに、2007年には(旧)日本ホテル・メッツホテルアンドレストラン・ホテルエドモントなど、東京都隣接県のJR東日本ホテルズ運営企業を吸収合併[7]、ホテルメトロポリタンは日本ホテルへ商号変更し、事業の再編は完了した。

    引用元:ホテルメトロポリタン – Wikipedia

    トップに戻る

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ