リーガロイヤルホテル東京出張マッサージ

リーガロイヤルホテル東京の客室

電話予約 スマホ、携帯から
080-4935-0580

リーガロイヤルホテル東京の風景

出張マッサージ

料金表

■東京都新宿区 リーガロイヤルホテル東京出張マッサージ 40代男性
東京出張になりバタバタと関西よりやってきました。今回は新幹線移動をしてそのままお客さま周りをしていたので足が棒のようになり浮腫もありました。ホテルでやっとゆっくりと出来る時間が出来たので出張マッサージを呼びたくフロントに連絡をしましたが生憎一杯とのことなので、仕方なくネット検索をしたところ、こちらの出張マッサージを見つけました。しかし後から思えばホテルのマッサージが取れなかったことから思わぬ上質なオイルマッサージを受けることができたのでこれ幸いでした。
90分間しっかり全身を施術してもらい、最後は足を充分に揉んでもらい浮腫も取れました。その日の晩は久しぶりにゆっくりと休めました。急な予約にも関わらずありがとうございました。

◎初めてのご利用を戴きまして誠にありがとうございます。お仕事でお疲れのお体や足を少しでも楽にするお手伝いが出来て嬉しく思います。今後もどうぞご気軽に出張マッサージをご利用をくださいませ。

リーガロイヤルホテル東京のご案内

住所 東京都新宿区戸塚町1丁目104-19
アクセス 東京メトロ東西線早稲田駅徒歩7分。JR山手線・東京メトロ東西線「高田馬場駅」早稲田口よりシャトルバス有
備考 1万坪に及ぶ大隈庭園や目白台の緑を一望できる、ゆったりとした客室が自慢。JR山手線 高田馬場駅(新宿駅より5分)から無料シャトルバス運行。東京ドーム、日本武道館へもアクセス

憧れのリーガロイヤルホテル東京

リーガロイヤルホテル東京

誰もが知っている有名なホテルである、リーガロイヤルホテル東京に宿泊してきました。やはり圧巻、サービスも慇懃でした。部屋は英国風なのでしょうか、とても高貴な雰囲気が感じられる内装でした。椅子一つでもふかふかであり、大きくゆったりと座れました。朝食は朝の7時から行っているモーニングビュッフェを食べました。ビュッフェであり、大人が2888円ですので高級ホテルにしては安い価格かと思われます。
昼間はホテル内で過ごしていたので軽食としてルームサービスを注文したのですが、サンドイッチと紅茶で3000円程度であり、ルームサービスの割りに高くは無いので量はそれほど多くは無いのだろうな、なんて思っていたのですが紅茶はポットで出てきましたし、サンドイッチもお腹が膨れるくらいの沢山の量を頂きました。高貴な雰囲気のゆとりある室内で食べる軽食は別格のものがありました。こんなホテルにずっと宿泊をしたいと思ってしまいました。

インターネット検索でヒットした出張マッサージを利用しました

かなり長い年月、腰痛に悩んでいる腰痛持ちです。しかし、生きていく為には働かないといけないので、仕事面でも無理をしてしまうことがあります。無理をすると決まった腰にくるので、普段からコルセットを持参したり、腰痛緩和クリームは欠かせません。そんな時に私の救世主になってくれたのは、関東出張で出会った東京ラヴィジュールさんでした。いつも仕事の時に定宿にしているのは新宿にあるリーガロイヤルホテル東京です。その時はホテルのサロンの予約が取れないとの事なので、インターネット検索でヒットした出張マッサージを利用しました。とにかく、今ある腰痛を少しでも和らいでくれるマッサージを受けたいと思いました。
1時間後には予約が入ると言う事なので、お願いしました。出張してくれた女性の方に腰痛の症状を話すと、オイルで身体全体を流すマッサージが良いとの事でした。その時に腰痛に効果を感じる人が多いと言う、そけい部のマッサージを丁寧にしてもらいました。そけい部は今までマッサージをした事がない部分でしたので、最初は少し戸惑いがありましたが、途中からこれは即効性があると感じる事が出来ました。マッサージ後は腰痛は勿論の事ですが、身体全体の疲れが取れた様に感じました。それ以来、ホテルのサロンは利用せずにリーガロイヤルホテル東京に宿泊する時は東京ラヴィジュールさんに頼っています。

リーガロイヤルホテル東京付近の出張マッサージ派遣地域及関連記事

  • アグネスホテル&アパートメンツ
  • セントラルホテル東京
  • ホテルシェーナ
  • 東急ステイ四谷
  • かどやホテル
  • パークハイアット東京
  • ホテル京阪東京四谷
  • ホテル出張マッサージ
  • 新宿出張マッサージ
  • ■文京区・水道橋 後楽園湯島本郷小石川根津

    ■豊島区・池袋巣鴨駒込大塚

    ■新宿区・四谷市ヶ谷神楽坂信濃町

    電話

      |  

    トップに戻る

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ