ANAインターコンチネンタルホテル東京出張マッサージ

ANAインターコンチネンタルホテル東京の風景"

電話予約 スマホ、携帯から
080-1300-8325

出張マッサージのご案内

ANAインターコンチネンタルホテル東京

料金表

■東京都港区 ANAインターコンチネンタルホテル東京出張マッサージ 40代女性
東京へ遊びメインで来ましたが、ノープランでひたすら思うがままという3泊を過ごしたのですが、中日には出張マッサージさんを呼びました。過去に一度だけお世話になったので!気楽な気分で呼ぶことができました。施術のメニューをお聞きしたら、タイ古式マッサージがあったので、タイ古式を選びました。指名はしませんでしたが、とってもマッサージが上手な手つきのセラピストさんでした。タイ古式はちょっと過激なマッサージのイメージがありましたが(笑)全くそんなことはなく、ストレッチ効果も高くて施術中も施術後も体が喜んでいました。普段かなかなか利用できませんがまたのチャンスにお願い致します。

◎二度目のご利用をくださり誠にありがとうございます。当店のタイ古式マッサージはセラピストが本場の技術を習得していますので自信を持ってお勧めができます。またのご機会にもご気軽に出張マッサージをご利用くださいませ。

ANAインターコンチネンタルホテル東京のご案内

住所 東京都港区赤坂1丁目12-33
アクセス 東京メトロ溜池山王駅13番出口より徒歩1分。東京メトロ六本木一丁目駅3番出口より徒歩2分。
備考 ホテルに隣接する「アークヒルズ桜並木」桜の季節には、桜の木が空高く枝を広げる「桜坂」を入口に、アークヒルズ外周700mの桜並木は、約150本のソメイヨシノが咲き誇り、見事な桜のアーチを描きます。
ANAインターコンチネンタルホテル東京

都心にある一流ホテルのまさに代表です

ANAインターコンチネンタルホテル東京

溜池山王や赤坂六本木の中間に位置するANAインターコンチネンタル東京は国内外で評判のよいホテルです。都心にありながら施設が充実しており、車で向かうと地下にある500台の巨大駐車場迎えて入れてくれます。茶色の色調の結婚式場プロミネンスは、企業の大切な発表会などにも使用され、落ち着きのある上品な空間になっています。実は結婚式をこちらで開催しましたが、美容室・写真室・衣装室が充実していてスタッフの方々の対応の良さもあり、大満足でした。宴会終了後の参加者の評価も最高でした。3階にある中国料理「花梨」、日本料理「雲海」、37階にある鉄板焼き「赤坂」で食事をしたことがありますが、どれも最高です。空間がゆったりしていて隣を気にせずゆっくり食事ができます。37階は夜景を楽しむにはもってこいの場所で、プライベートでも海外の取引先を連れてでもどちらのシーンにも対応しています。客室も一流の雰囲気を醸し出しており、ゆっくりと休めます。まずは2階の「カスケイドカフェ」で珈琲でも飲みながらホテルの雰囲気を味わうのはいかがですか?

リンパマッサージもしてもらえる

仕事で東京出張が多くなったこの1年でした。東京での仕事はハードな上に、その後の接待も多いことから、なかなか早めにホテルへ切り上げて帰るという訳にはいきません。出張2日目に入ると、精神的な疲れも勿論の事ですが、肉体的な疲労感も半端ではありません。
しかし、ホテルへ戻る時間が午前様になってしまう事も珍しくないので、ANAインターコンチネンタルホテル東京でのマッサージも終了していると言う感じで、クタクタのまま眠りにつくということが現状でした。
しかし、同じく東京出張が多い同僚が、東京の知人に紹介されたという出張マッサージの専門店が凄くよいと言うのです。普通は出張マッサージだと、ベテランのおばちゃんがやってきて、黙々とマッサージをしてくれると言うイメージしかありませんでしたが、同僚が知人に紹介された出張専門マッサージの東京ラヴィジュールは、普通のアロママッサージだけでなく、リンパマッサージもしてもらえるとのことでした。しかもオイルマッサージに来てくれるのは、ベテランのおばちゃんではなくて、とても美しい女性セラピストが多いとのことで、一気に興味を持ちました。
早速次回の東京出張の時にリンパマッサージでお願いしてみました。正直、美しい人がしてくれるリンパマッサージは本当に身体の疲れが取れるって感じより、癒し系なんだろうと思っていたら、大間違いでした。
リンパマッサージを終えた日も、そして翌日も実に体調が良くて正直驚きました。技術も本物の施術でした。
次回も利用する予定です。

ANAインターコンチネンタルホテル東京付近の出張地域及関連記事

  • ホテルメルパルク東京
  • コンラッド東京
  • ザ・プリンスさくらタワー東京
  • パークホテル東京
  • アンダーズ東京
  • ザ・プリンスパークタワー東京
  • ホテル出張マッサージ
  • 赤坂出張マッサージ
  • 電話

    ANAインターコンチネンタルホテル東京 – Wikipedia

    ANAインターコンチネンタルホテル東京(エイ・エヌ・エイインターコンチネンタルホテルとうきょう、ANA InterContinental Tokyo)は、東京・赤坂のアークヒルズにある高級ホテルである。運営はIHG・ANA・ホテルズグループジャパン。
    概要
    森ビルが開発を主導した赤坂から六本木にまたがる5.6ヘクタールにおよぶ再開発事業「アークヒルズ」内に、サントリーホール、テレビ朝日アーク放送センター、アーク森ビル、アークタワーズなどとともに[2]、全日空が展開した全日空ホテルズの旗艦ホテル「東京全日空ホテル」として[3]、1986年6月7日に開業した。運営は子会社の全日空エンタプライズが手掛けた。

    2006年10月、外資系企業の参入が続く国内ホテル市場での競争力の強化を狙い、全日空は英国・インターコンチネンタルホテルズグループと資本・業務提携を結び、12月、共同出資会社である「IHG・ANAホテルズグループジャパン」が発足した。これに伴い、東京全日空ホテルは同社傘下となり、2007年4月に名称を「ANAインターコンチネンタルホテル東京」と改めた[3]。さらに同月、全日空はANAインターコンチネンタルホテル東京など自社で不動産を保有する直営13ホテルを米国・モルガン・スタンレーグループに約2813億円で売却すると発表し[4]、6月までにモルガン・スタンレーの特定目的会社である城山プロパティーズへの売却が完了した。

    建物全体は、三角グリッドによって構成し、それにより、高層部では鋭角的な造型によって航空会社のホテルらしい、象徴性を打ち出すことを目指し、低層部では、三角グリッドの特徴ある連続性と有機的な平面構成を最大限発揮することを基本的なコンセプトとして設計された[5]。

    客室数は844室。11のレストラン&バー、ショッピングアーケード、大小20の宴会場、フィットネスルーム、ガーデンプール、エステティックサロン、ビジネスセンターなどがある。

    沿革
    1986年(昭和61年)6月7日 – 東京全日空ホテルとして開業。
    2007年(平成19年)4月1日 – ANAインターコンチネンタルホテル東京に改称。
    客室
    32階 – 35階 クラブインターコンチネンタルカテゴリ
    28階 – 31階 プレミアカテゴリ
    22階 – 27階 エグゼクティブデラックスカテゴリ
    7階 – 21階 クラシックカテゴリ
    料飲
    カフェレストラン「カスケイドカフェ」(2階)
    ダイニング「ピエール・ガニェール」(36階)
    ステーキレストラン「ザ・ステーキハウス」(3階)
    中国料理「花梨」(3階)
    鉄板焼「赤坂」(37階)
    日本料理「雲海」(3階)
    すし「乾山」(3階)
    バー&ラウンジ「MIXXバー&ラウンジ」(36階)
    ラウンジ「アトリウムラウンジ」(2階)
    バー「シャンパン・バー」(3階)
    メインバー「ダビンチ」(3階)
    ペストリー/デリカテッセン「ピエール・ガニェール パン・エ・ガトー」(2階)
    アクセス
    鉄道
    東京メトロ銀座線・東京メトロ南北線溜池山王駅13番出口より徒歩3分
    東京メトロ南北線六本木一丁目駅より徒歩5分
    東京メトロ丸ノ内線国会議事堂前駅より溜池山王駅出口利用徒歩13分
    東京メトロ日比谷線神谷町駅より徒歩10分
    バス
    成田国際空港・東京国際空港(羽田空港)から東京空港交通のリムジンバスが運行されている。
    渋谷駅・六本木駅・新橋駅から都営バス 都01系統で「赤坂アークヒルズ前」下車、徒歩約1分。渋谷駅・六本木駅 – アークヒルズ構内間運行のバス便も設定あり。

    引用元:ANAインターコンチネンタルホテル東京 – Wikipedia

      |  

    トップに戻る

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ