パークハイアット東京出張マッサージ

パークハイアット東京客室

電話予約 スマホ、携帯から
080-1300-8325

風景

パークハイアット東京出張マッサージ

料金表

■東京都新宿区 パークハイアット東京出張マッサージ 50代男性
出張マッサージをお願いしました。担当セラピストさんはとても雰囲気が穏やかで癒されました。マッサージ中は色々なお話をさせて頂いて楽しい時間を過ごすことができました。マッサージ店に行く場合は、周りの人が気になってあまり話ができないのですが、自宅に来てもらうと人の目が気にならないので何でも話せますね。そういった点も出張マッサージの魅力だなと感じました。もちろん施術もとても良かったです。たっぷり時間をとってマッサージしてもらったので全身のコリがほぐれました。

◎この度は出張マッサージをご利用頂きありがとうございました。腰にかなりハリが出ていてお辛いのではないかな・・と感じましたので背中から腰は特に丁寧に施術をさせていただいたのですがその後、少しお体が軽くなっているようで良かったです。ご自宅にお伺いするので抵抗があるというかたもいるのですが、1回呼んでしまうとそうでもないねと皆さんおっしゃられています(笑)またご利用くださいね。

コース料金お客様の感想セラピスト求人タイ古式マッサージ

パークハイアット東京のご案内

住所 東京都新宿区西新宿3丁目7?1?2
アクセス 新宿駅から徒歩約12分
備考 パーク ハイアット 東京

ラグジュアリーが味わえるパークハイアット東京

パークハイアット東京

東京都心のど真ん中にあるラグジュアリーなホテル、それがパークハイアット東京です。ハイアットグループらしく、客室のインテリアも重厚なものでありつつ、きちんと使い心地のことも考えられているので、快適に、そしてリッチな気分で過ごすことができます。50平米以上のお部屋になっているので、都心のホテルにしては珍しいゆったりとしたものとなっています。もちろん無料のWi-Fiも完備していますし、47階にはプールとジムがあります。ここから眠らない街、新宿の夜景を見ることができ、よりラグジュアリーな気分を味わうことができます。スイートルームも20部屋以上用意しているので、とことんゴージャスな気分になりたいという方はそちらの利用もおすすめです。

オイルマッサージには色々と利点がある

オイルマッサージには色々と利点があるといえるのですが、その上で考えることがあります。それはどんなメリットがあるからそんなことをするのか、ということです。基本的には自分の部屋のようなところで受けることができるということが利点であるといえるでしょう。オイルマッサージのようなオイルの臭いも楽しみたいものでは、そのまま終わった後にすぐに出て行くようなことがありますとちょっと勿体無いと思うことでしょう。しかし、そうではなく、ホテルの一室であればそのまま寝ることも可能です。つまりは、オイルマッサージをあまねく楽しむことができるという利点が間違いなくあるといっても過言ではないことになっているといえるでしょう。

パークハイアット東京付近の出張地域及関連記事

  • イビス東京新宿
  • ヴィアイン新宿
  • シタディーンセントラル新宿東京
  • ヒルトン東京
  • ホテルグレイスリー新宿
  • リーガロイヤルホテル東京
  • ホテル出張マッサージ
  • 新宿出張マッサージ
  •   |  

    パークハイアット東京 – Wikipedia

    パークハイアット東京(パークハイアットとうきょう、英語: Park Hyatt Tokyo)は、ハイアットホテルアンドリゾーツが展開するホテルであり、東京都新宿区西新宿3丁目にある小規模最高級ホテルである。正式な名称記述としては、パーク ハイアット 東京と、半角スペースで区切るが、このページではパークハイアット東京と記載する。
    概要
    東京・新宿新都心の高層ビル街区の南端、丹下健三設計による「新宿パークタワー」の39階から52階に入居している。ハイアット・ホテルズ・アンド・リゾーツ (Hyatt Hotels and Resorts) が展開。パークタワーホテル株式会社(東京ガス都市開発の関連会社)が業務を行っている。

    地下駐車場やホテル正面玄関のある地上2階からは、専用エレベーターでフロントレセプションのある41階に直行する。さらに上層階に位置する客室へは、同フロアでも最も奥まった場所にあるフロント・デスク付近から別のエレベーターに乗り継ぐ必要があり、客室階のプライバシーが保たれる設計となっている。47階にはプールとフィットネスクラブ、45階にはスパがある。大都会の喧噪を離れた大人の隠れ家というコンセプトのもと、あえて客室を177室に限定し、客室数が少ない分きめ細かなサービスを実現している。夜景を始め、眺望が素晴らしい。最も広い客室は面積290m2であり、東京都内でも最大級とされる。

    イギリスのロックスターノエル・ギャラガーがお気に入りのホテルであり、特に40階あたりの窓から見える景色がお気に入りで「東京を一望できる。いい眺めだ」と絶賛している。

    ソフィア・コッポラ監督の映画、『ロスト・イン・トランスレーション(Lost in Translation)』(2003年)の舞台となっている。1990年代にはホテル椿山荘東京、ウェスティンホテル東京と並んで「東京新御三家ホテル」又は「東京外資系ホテル御三家」と呼ばれていた。

    沿革

    パークハイアット東京
    1994年7月9日にハイアットホテルチェーンの1つとして東京・新宿副都心にある新宿パークタワー(1994年4月完成)内にオープン。

    2007年、50階に新カテゴリーの客室「トーキョースイート」を新設[2]。

    客室
    全客室42階以上、標準クラスで55平方メートルの広さ。37インチ以上のプラズマTV、高速インターネット回線、DVDプレーヤー、2回線の電話、コンピュータモデム、ボイスメールを完備。バスルームにはシャワーブース、テレビも完備。すべてのトイレにウォシュレット完備。

    パークルーム 45m2 33室
    パークデラックスルーム 55m2 103室
    パークビュールーム 60m2 19室
    パークスイート 100m2 18室
    ガバナーズスイート 140m2 1室
    ディプロマットスイート 160m2 2室
    トーキョースイート 220m2 1室
    プレジデンシャルスイート 290m2 1室

    引用元:パークハイアット東京 – Wikipedia

    電話

    トップに戻る

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ