小石川出張マッサージ

小石川の風景

電話予約 スマホ、携帯から
03-6228-3195

小石川マッサージのご案内

小石川で出張リンパマッサージをして戴きました

■東京都文京区小石川出張マッサージ 50代女性
以前は夫が利用をしていましたが、夫が転勤で自宅を離れからは、私が利用させてもらっています。特にセラピストさんは指名しておりませんが、今まで家に来てくれた方は能力が高い方ばかりなので、次はどんなセラピストさんがいらっしゃってくれるかな?と想像する事も、また楽しみの一つです。私の場合は新陳代謝が悪く、汗も掛けない体質なので、リンパマッサージをしてもらう事が多いのですが、体の冷えも解消されて、汗も程良く出る様になりました。これからもお世話になると思いますので、どうぞ宜しくお願いします。

◎ご主人様の時から大変にお世話になっております。奥様にもご利用を戴けて、とても嬉しく思います。リンパマッサージは冷え性の改善や新陳代謝を促進させる効果がありますので、是非このまま施術を受けることを続けていただきたいと思います。また、ご主人様がご帰宅されている時も、ご夫婦でご利用してくだされば幸いです。

小石川出張マッサージ

小石川区時代の観点から見た小石川の歴史

戦後70年が過ぎ、小石川区の存在を知っている方の数もそう多くはないのでしょうが、明治・大正時代の文豪、作家の作品を見ると度々登場しますが、戦後数年経つまでは東京15区の一つの小石川区として、神田、牛込、麹町、本郷の各区と隣接していました。1947年にお隣の本郷区との合併により文京区小石川として再出発を切りました。ただし昭和40年代までは街の至るところにその名残が見られ、電柱で良く見られる町名表記も目白台でしたら、文京区小石川目白台と旧小石川区エリアには町名表記がされている事実があります。下町に対する山手の概念でいえば、小石川は山手にあたります。今では山手という面影が少ないのですが、戦前は郊外ということもあり、陸軍の砲兵工廠などの大規模官民軍需施設がありました。また郊外ということもあり、小石川で病気療養された方も多く知られています。いわゆる結核で隔離されるような方も多くこの地で療養されています。明治期の作家で日本史や国語の教科書にも登場する機会の多い石川啄木は妻とともに肺尖カタルの療養を小石川で行い半年ほどで妻ともども生涯を閉じています。陸軍の砲兵工廠、産業施設が多くあり明治中期から人が多く流入し、定住したのが現在の文京区小石川の下地になっているといいはずです。なお陸軍の砲兵工廠は関東大震災の影響を受け、その機能を福岡の小倉に移しました。跡地は小石川後楽園としてその後の歴史を刻み、戦前~戦後現在に至るまで東京の娯楽スポットとしてその名を刻んでいます。

オイルマッサージでスッキリ!

オイルマッサージとは、アロマオイル等ボディ用のオイルを用いて体をマッサージすることです。滞っていた血液やリンパの流れを促すことで老廃物を排出し、冷えやむくみなどを緩和することができます。オイルには様々な種類があり、成分によってリラックスやリフレッシュ、筋肉の緊張緩和、コリをほぐす、新陳代謝の促進や自律神経のバランスを整えてくれるなど効果は多岐にわたります。またオイルなので保湿効果も高く、マッサージ後のお肌はしっとりとなめらかに感じられることでしょう。日々の疲れで体は思った以上に硬く、リラックスしづらい状態になっています。オイルマッサージをすることで体を楽にし、肌も気分も上向きになれることでしょう。

小石川付近の出張マッサージのお伺い先

千代田区丸の内御茶ノ水神田秋葉原飯田橋麹町神保町九段下東京駅半蔵門大手町平河町

文京区水道橋 後楽園湯島本郷・小石川・根津

豊島区池袋巣鴨駒込大塚

新宿四谷市ヶ谷神楽坂信濃町

  • 出張マッサージの派遣先東京エリア
  • 都内でマッサージにお伺いする出張エリア
  •   |  

    電話

    トップに戻る

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ