丸の内出張マッサージ

最近、よく出張マッサージにお伺いする丸の内はかつては古いビルが立ち並んで重厚な雰囲気が漂っていましたが、最近再開発されて非常に洗練された若者のイメージに変貌してきました。まず東京駅北は丸の内北口を出たすぐにオアゾ、中央口にはそれから新丸ビル、丸ビルと続きます。東京の本社への出張の時に、周辺のホテルに宿泊、滞在する事が多いようですね。ホテルメトロポリタン丸の内や丸ノ内ホテル、オークウッドプレミア東京のホテルへ出張マッサージにセラピストを派遣します。

丸の内付近オフィス

電話予約 スマホ、携帯から
080-1300-8325

丸の内出張マッサージですぐに来てもらうことが出来ました

出張リンパマッサージを受ける


丸の内出張マッサージ料金表


先日のことでしたが、人生で初めてホテルのマッサージ以外での本格的な出張マッサージを利用しました。その店は東京ラヴィジュールという店ですが、口コミサイトで見つけてから気になっていた店です。出張専門とのことですが、丸の内のホテルであれば深夜でも出張してもらえるという事と、派遣されてるセラピストさんが日本人の方だと言うことが気に入りました。また口コミによるとセラピストさんは全員とても若い女性とのことなので、どうせお金を払いマッサージを受けるならば、若い女の人の施術が受けたいなと思うところもありました。値段確認をしてから、90分コースで予約を入れてみました。深夜0時をまわっていましたが、予約を入れてから丸の内にあるホテルにセラピストさんが到着するまでには30分程度だった気がします。会計を先にすませてから施術が開始されました。90分間は少し長いかなと思いましたが、全然そんな事はなくて、極楽時間は本当にあっという間だった気がします。施術内容にも大大満足で、人生初の出張マッサージ体験はとても充実した時間になったと言えます。身体全体も疲れもとれて、とても良い接客も受けることが出来て、最高でした

出張マッサージにお伺いする丸の内付近のホテル

ホテルメトロポリタン丸の内

ホテルメトロポリタン丸の内

千代田区丸の内1-7-12

丸の内ホテル

丸の内ホテル

千代田区丸の内1-6-3

フォーシーズンズホテル丸の内東京

フォーシーズンズホテル丸の内東京

千代田区丸の内1-11-1

  • オークウッドプレミア東京
  • 東京都千代田区丸の内1-8-2

  • アスコット丸の内東京
  • 東京都千代田区大手町1-1-1

  • パレスホテル東京
  • 東京都千代田区丸の内1-1-1

    シャングリ・ラホテル東京
    東京ステーションホテル
    アマン東京
    ザ・ペニンシュラ東京

    ホテルメトロポリタン丸の内

    東京都千代田区丸の内1-7-12
    27F以上は27Fフロント階で要合流。 27Fまでのエレベーターすぐ近くに乗換エレバーターあり

    出張リンパマッサージでむくみを解消 丸の内編

    丸ノ内界隈の風景

    丸の内のホテルでご利用のお客様は、お疲れのようで出張リンパマッサージを好む傾向に有ります。むくみの原因はリンパや血液のとどこおりです。リンパマッサージをするとリンパと血液の流れがよくなり、むくみを解消できます。
    血液は心臓によって動かされています。しかし、下肢は重力の影響や心臓から離れていることが関係して血液が心臓に戻りにくいです。そのため、下肢は血液がとどこおりやすく、とどこった血液から水分が染み出してむくみになります。リンパは筋肉や血液の流れで動かされています。長時間同じ姿勢で筋肉を使わなかったり、血液の流れが悪くなるとリンパがとどこってむくみになります。やはり丸の内で受ける出張リンパマッサージがいいですね。

    丸の内付近の出張エリア

    千代田区・丸の内・御茶ノ水神田秋葉原飯田橋麹町神保町東京駅半蔵門大手町平河町日比谷有楽町

    文京区・水道橋 後楽園湯島本郷小石川根津

    豊島区・池袋巣鴨駒込大塚

    新宿四谷市ヶ谷神楽坂信濃町

  • 出張マッサージの派遣先東京エリア
  • 都内でマッサージにお伺いする出張エリア
  • 丸の内 – Wikipedia

    丸の内(まるのうち)は、東京都千代田区の地名で旧麹町区に当たる麹町地域内である。現行行政地名は丸の内一丁目から丸の内三丁目。住居表示実施済みの地域。郵便番号は100-0005。
    概要
    およそ皇居外苑と東京駅に挟まれた地区で、東京駅を中心に、北に隣接する大手町と共にオフィス街として発展している。大手銀行や大企業のビルが建ち並び、日本の金融・経済の中心地の一つとなっている。岩崎弥之助率いる「三菱社」が国から払い下げを受けた約10万坪の草地であったことから明治時代には「三菱ケ原」と呼ばれ[4]、そうした歴史的な経緯から三菱グループ各社の本社が集中し、「三菱村」とも呼ばれる。

    丸の内二丁目の明治安田生命保険相互会社本社本館(明治生命館)は国の重要文化財に指定されている。帝国劇場もこの地区にある。1991年に新宿区西新宿二丁目に移転するまで東京都庁舎もこの地区にあった。都庁の一部があった場所を含め、JR東海道線の線路の東側にも丸の内に属する部分がある。

    マンションなどの住宅や終夜営業の店が殆ど無いため、昼間人口と夜間人口の差が極端なのが特徴。平日昼間はサラリーマンやOLで賑わうが、深夜は行き交う人も疎らである。2000年代初頭までは昼間であっても週末・祝日は閑散としていたが、店舗が多く入る丸の内ビルディング(丸ビル)が2002年に完成して以降は再開発が進み、平日夜の早い時間帯や休日の人通りが大幅に増えた。サラリーマン関係のニュースが報道される際、東京駅丸の内北口から多くのサラリーマンが歩いているニュース映像が流れることが多い。朝の気象情報では東京駅近辺の映像が流れるが、これは住友不動産丸の内ビルから撮影しているものである。

    山手線西側の新宿副都心などが台頭し、1997年8月3日に「漂流するオフィスビル超1等地-黄昏の街、丸の内」という特集が『日本経済新聞』夕刊9面[5]で報じられるなど、かつては地盤沈下が指摘された。2000年代に入ってからは上記のように丸ビルなど老朽化したビルの建て替えや、地区の中心を通る丸の内仲通りに高級ブランド・ショップや飲食店を誘致するなど、三菱地所主導の再開発で盛り返している[6]。

    三菱地所の調査によると、再開発に伴い丸の内では、店舗数が約280店(2001年)→約870店(2017年)、土日の訪問者数は約4万6000人(2002年)→約11万4000人(2016年)と大幅に増えた。ビルの建て替えや店舗の増加で街全体の魅力が高まり、企業の転入・回帰も進んだ。2014年時点の事業所数は約4300(1996年比で1.2倍)、従業員総数は約28万人(同5万人増)となった[7]。

    無料巡回バスである丸の内シャトルが本地区を中心に、大手町地区から有楽町地区までの範囲を周回している。

    引用元:丸の内 – Wikipedia

    電話

      |  

    トップに戻る

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ