汐留出張マッサージ

汐留付近

電話予約 スマホ、携帯から
03-6228-3195

汐留出張マッサージ

リンパマッサージは、癖になる気持ち良さでした。

先日、汐留へ遊びで行った時にマッサージを受けたいと思いました。
東京へはたまに行きますが、汐留の事には詳しくないので、とりあえず汐留の近くのマッサージ店を探してみましたが、なかなか良さそうな所が無くて、一旦ホテルの部屋に戻りました。
そこで、スマホ検索してヒットした出張専門店のマッサージがあったので、物の試しでお願いする事にしました。
予約してから約40分くらいでホテルの部屋まで来てくれましたが、想像していたよりも若い女性が来たので、嬉しい驚きでした。
とりあえず初回のお試しと言う事で、殆どの方が頼む60分のオイルマッサージコースをやりました。
女性の細い指とオイルが程欲マッチして、ツボと言うツボに入って、一発で凝りが解消された気がしました。
東京はたまに仕事でも遊びでも行きますが、こんなに良い出張マッサージ店がある事は知らなかったので、得した気分になりました。
マッサージをしてもらった日は身体全体がとても解れて気分良いまま、就寝する事が出来ましたが、翌日もいつもよりも身体が軽くて1日気分が良かったです。
施術をしてくれた女性の方も感じが良くて清潔感が漂う方でしたので、また是非東京へ行った時はお願いしたいと思いました。
汐留でまさか極上の出張マッサージが受けられるとは思いませんでした。

出張マッサージ料金表

汐留(東京都)付近の出張、可能なホテル

三井ガーデン汐留イタリア街 03-3431-1131 地下鉄大江戸線・ゆりかもめ「汐留」駅より徒歩7分
ロイヤルパーク汐留タワー 03-6253-1111 都営大江戸線・ゆりかもめ汐留駅より 徒歩約1分
パークホテル東京 03-6252-1111 汐留駅直結、新橋駅より徒歩7分
ヴィラフォンテーヌ 汐留 03-3569-2220 都営大江戸線・ゆりかもめ「汐留駅」より徒歩1分
コンラッド東京 03-6388-8000 都営大江戸線・ゆりかもめ線 汐留駅 徒歩1分

むくみ改善!足マッサージ(リンパマッサージ)

足のリンパマッサージについてご紹介します。
このマッサージはむくみに大きな効果があり、続けることにより足痩せにも効果が出ます。足のむくみや疲れを感じる時、また毎日の日課にお勧めです。

まず足首からふくらはぎまで、下から上へ流すように手を滑らせます。痛くない程度の適度な圧を加えながら押し流します。
手全体足を包み込むようにするとうまくいきます。また、オイルやクリームなどを塗っておくと滑りがスムーズでやりやすいのでお勧めです。それか手で拳をつくり、トントントン、と軽く叩くのも良いです。

次に、膝の裏を指でグリグリとほぐします。膝の裏にはリンパ節がたくさんあります。ここだけなら忙しいときや外出先でも気軽にマッサージ出来るので覚えておいて損はありません。立ち仕事をしている人はこれだけでも大分むくみがやわらぎます。そして、足の付け根もリンパ節があるので、外側から内側に向かってなでるか、軽く10回程度揉みます。

このマッサージをする一番いい時間は、入浴中か、入浴後です。
入浴で体があったまり、血行が良くなったときにすると効果が大きくなります。
これを続けることにより、老廃物も押し流されるのでダイエットや美肌などにも期待でき、特に女性には嬉しいマッサージです。

メディアとビジネスの街。汐留。

汐留は東京都港区にある地名で現在は巨大複合都市である汐留シオサイトを指しています。新橋駅の近くにあり、交通アクセスではゆりかもめを始め、私鉄とJR浜松町駅等様々な路線から行くことが可能です。汐留には様々なビルディングがたっており、その殆どに大手メディア企業や大手企業のオフィスが構えてあります。その中でも有名なのは日本テレビ本社があることでしょう。日本テレビのビルにはカフェ等が入っており、一般の方が観光で訪れたりもしています。その他にも電通本社ビルやソフトバンク本社もあるのでメディア関係者で訪れた方も多いのではないのでしょうか。
汐留は新橋にも近くビジネス街のイメージが強いですが、各ビルにはおしゃれなバーや飲食店も多くあります。各ビルの高層階には銀座を中心に東京を見渡せる飲食店で溢れています。実はショッピングをするのにも適しているのです。複合施設であるカレッタ汐留には電通四季劇場もあり、劇団四季のミュージカルを鑑賞する事も出来ます。様々な遊び方のある汐留ですが、近くには浜離宮恩師園庭があり静かな時間を過ごすことも出来るのです。浜離宮恩賜庭園では四季折々の自然を楽しむ事が出来るので、ちょっと都会の喧騒に疲れた方は訪れてみるのもいいでしょう。

汐留付近の出張マッサージのお伺い先
台場新橋竹芝田町愛宕

電話

  |  

トップに戻る

サブコンテンツ

このページの先頭へ