八重洲出張マッサージ

八重洲付近

電話予約 スマホ、携帯から
03-6228-3195

八重洲出張マッサージ

ビジネスホテルでの出張マッサージ

友人の紹介にて知った、出張を専門としているマッサージ店です。店舗を持たないのですが、八重洲付近のホテルならば明け方の5時まで来てもらうことができます(予約は4時までです)
マッサージの内容もアロマ、リンパ、リフレ、全身強揉みと種類多彩で自分に合っているマッサージを受けることが出来るのです。
その上に、セラピストさんの美貌がかなり評判なところも男性には嬉しい部分でもあります。
接客態度も今までマッサージに来てくれた方に関してはとても好印象でしたので、店自体の方針がかなり接客態度に関しても教育をしていることがうかがえます。
料金的な部分は以前利用して店よりも若干値高いですが、マッサージ内容、接客、来てくれる方の容姿のクオリティを考えると個人的には安いのではないかと感じてしまう程です。
マッサージが終了した後も、やってもらって良かったと心底思える部分が東京ラヴィジュールさんの凄さだとも感じています。
今では都内の八重洲で宿泊が分っている時は前もって予約をしています。指名をする事も出来るので、最近はお気に入りのセラピストさんを指名しています。今後もお世話になる予定の出張マッサージ店です。

八重洲出張マッサージ料金表

八重洲(東京都)付近の出張、可能なホテル

スーパーホテル LOHAS東京駅八重洲 03-3241-9000 東京都中央区八重洲2丁目2-7
ホテル龍名館東京 03-3271-0971 東京都中央区八重洲1丁目3-22
八重洲ターミナルホテル 03-3281-3771 東京都中央区八重洲1丁目5-14
パールホテル八重洲 03-3246-8080 東京都中央区八重洲1丁目2-6
八重洲富士屋ホテル 03-3273-2111 東京都中央区八重洲2丁目9-1

老廃物をスムーズに処理させるためのリンパマッサージ

肩コリや背中のコリをマッサージすると、とても心地良いですよね。
こうした筋肉部分のコリをほぐすマッサージ同様、リンパに対して施されるマッサージも健康のためには非常に良いものと言えます。
一口にリンパと言っても詳細は複雑です。身体中に分布して体内の老廃物や毒素等をリンパ液と共に運ぶ管のことを言い、また、そのリンパ管から流れてきたものを厳しくチェックして対処する、鎖骨や鼠径部などにあるいわゆる中継点のことをリンパ節と呼びます。
ちなみに老廃物をスムーズに流す潤滑油的存在であるむリンパ液は、そもそも赤血球がないだけで成分的には血液と大差ありません。
同じく体内の老廃物を運び流すものとして、動脈と対になった静脈の存在が良く知られていますが、血管は心臓の拍動によってポンプのように血液が流れるのに対し、前述したリンパは周囲の筋肉の動きによって静かに老廃物が移動していきます。
つまり、運動不足や血行そのものの悪さによって筋肉が強ばると、そのシステム上、本来じわじわと循環しているはずのリンパ液も流れ辛くなってしまうわけです。
そこで滞りなくリンパ本来の機能を保持するために、適切な形でのリンパマッサージが必要となってきます。皮膚を経由してリンパ管に刺激を送ることで、リンパ液(およびそれに含まれる老廃物等)の流れを円滑に導き、鎖骨部のリンパ節を経由して最終処理場である心臓へとそれを移動させるのです。
リンパの流れが悪くなると、むくみが生じたり太りやすくなったりします。つまりは、それらの防止に対してもすこぶる効果的ですから、ぜひとも真摯にリンパマッサージそのものと向き合ってみましょう。

「八重洲」(東京)の付近の派遣エリア

最近、東京駅が改築されて昔の3階建の姿が再現されました。そして、大丸デパートのある東側の入口が「八重洲口」になります。
八重洲という名前の由来を知っている人も多いかと思いますが、オランダ人の航海士であるヤン・ヨーステンの名前が語源となっています。ヤン・ヨーステンは1600年、関ヶ原の戦いの直前に嵐のため、乗っていた船が豊後国(現在の大分県)に漂着します。その時に、一緒の船に乗っていたのがイギリス人のウイリアム・アダムス(三浦按針)です。
その後、ヤン・ヨーステンとウイリアム・ダムスの二人は日本に残り徳川家康の外交顧問となります。そして、ヤン・ヨーステンは現在の和田倉門~馬場先門あたりの内濠沿いに屋敷を与えられます。その地が彼の名にちなんで八代洲河岸(やよすがし)と呼ばれるようになります。その後、明治5年(1872年)に馬場先門から鍛冶橋にかけての一帯が八重洲町一丁目、二丁目となりました。
しかし、八重洲町は昭和4年(1929年)に麹町区丸ノ内と改称されて無くなりますが、戦後の昭和29年(1954年)になって、今度は中央区に町名の「八重洲」が復活し、東京駅の東側が「八重洲」という町名になりました。
従って、現在の「丸の内」が本当の「八重洲」になります。なお、八重洲通りと中央通りが交差する「日本橋」の交差点に、「ヤン・ヨーステン記念碑」があります。正式名は、「日蘭修好380周年記念碑」と言います。

  • 出張マッサージの派遣先、地域情報
  • 千代田区丸の内中央区日本橋神田

      |  

    電話

    トップに戻る

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ