八丁堀出張マッサージ

ここは、よく時代劇に出てくる「八丁堀同心」の住宅があった所ですが今では、昔の面影がまるで残っておりません。当店では、八丁堀付近にお住まいのお客様や宿泊中のシティホテルやビジネスホテルへ出張マッサージにお伺いたします。疲れが溜まったら是非ご利用下さい。

八丁堀の風景

電話予約 スマホ、携帯から
03-6228-3195

出張マッサージのご案内

八丁堀出張マッサージ

八丁堀出張マッサージ料金表

先日、出張マッサージ専門店の東京ラヴィジュールというところのセラピストさんの施術を受けました。
この店は、友人がたま~に利用する八丁堀出張マッサージなのですが、なんせ来てくれるセラピストさんが美人が多いと言う話を聞いていました。
いつか時間的と金銭的余裕がある時にお願いしたいと思っていて、先日その事が叶いました。
最初でしたので、特に指名はせずに、すぐに来てくれるセラピストさんを呼びました。
友人の話通り、八丁堀の自宅に来てくれてセラピストさんも本当に美人な方でした。
こんな美人に身体をほぐしてもらうのは緊張するかなと思いきや、アロママッサージが心地よくて、数分間寝落ちしてしまいました。途中で好みの強さを聞いてくれて、最後の方は力強くしてもらったので、凝りも解消されて筋肉もとてもリラックスした様になれました。
趣味でランニングをしているので、ふくらはぎもとても良い感じに仕上げてもらいました。すっかり八丁堀の出張のアロママッサージにはまりそうな予感が自分の中ではありました。次回はまた同じセラピストさんを指名して、思い切り癒される施術を受けたいと思っております。
とりあえず友人にはセラピストさんは確かに美人だったメールを入れました(笑)

季節の変わり目に出張マッサージを受けてむくみを予防する

出張リンパマッサージ

季節が変化する時期には、色々とネガティブな症状が生じる傾向があります。普段はあまり体調が悪くなくても、そういった時期になると、ちょっと体調不良になりがちなケースも多々あるのです。
そういった時などは、むくみ等も発生しやすくなる傾向があります。やはり季節が変わりやすい時期などは、リンパに対して様々な物質が滞留する傾向があるのです。肝心の老廃物などがスムーズに流れてくれなければ、当然むくみ等の症状も起こりやすくなるでしょう。それは避けたいものです。
そういう時には、一度、八丁堀でリンパマッサージを受けてみると良いのです。明らかに滞留状態になっている訳ですから、ちょっと刺激を与えてあげるだけでも、随分とむくみの症状が改善される傾向があります。ただし自分でその施術を行うのは、やはりそれなりにリスクもあるのです。そもそもリンパと言っても、刺激をするべき箇所は微妙な一面があります。少し場所を間違ってしまいますと、大きな問題が生じる確率も高まるでしょう。
ですからリンパマッサージを受ける時には、基本的には出張サービスが推奨されます。ちょっと季節の変わり目などに体調不良が気になる時などは、八丁堀出張マッサージで予防してみると良いでしょう。

八丁堀(東京都)付近の出張マッサージが可能なホテル

ヴィラフォンテーヌ 東京八丁堀 03-5651-6660 地下鉄日比谷線「八丁堀駅」A5出口より 徒歩3分
ドーミーイン東京八丁堀 03-5541-6700 地下鉄日比谷線「八丁堀駅」徒歩1分
アパホテル八丁堀駅南 03-6280-0111 JR京葉線・JR武蔵野線・東京メトロ日比谷線「八丁堀駅」A2・A3出口より徒歩3分
ホテルサードニクス東京 03-3553-7200 東京都中央区八丁堀1丁目13-7
ホテル法華イン八丁堀 03-3537-7711 東京都中央区八丁堀3丁目20-4

江戸時代に造られた町、八丁堀に出張マッサージに伺います

「八丁堀」と言えば、行ったことの無い人でも、この町の名前を知らない人はいないほど有名な町です。八丁堀というのは、テレビ時代劇の捕り物帖でよく出てくる「八丁堀の旦那」の住んでいるところでした。
八丁堀は東京駅八重洲口を背にしてまっすぐ進んだ500メートほどのところにあります。江戸幕府ができたころはまだ東京湾の中でしたが、幕府ができてすぐに埋め立てられてできた新しい町です。始めはお寺しかない町でしたが、江戸城下の拡張計画によって与力・同心の組屋敷の町に変貌しました。
昔のたたずまいは、今は残っておりませんが当店では、八丁堀にも出張マッサージに伺いしております。八丁堀があるのは、東京都中央区です。その付近のお伺い場所は、

  • 都内でマッサージにお伺いする出張エリア
  • 出張マッサージの派遣先、地域情報
  • 箱崎出張マッサージ
  • 中央区出張マッサージ
  • 八重洲出張マッサージ
  • 勝どき出張マッサージ
  • 電話

    トップに戻る

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ