赤羽橋出張マッサージ

赤羽橋の風景

電話予約 スマホ、携帯から
080-1300-8325

赤羽橋マッサージのご案内

赤羽橋で出張リンパマッサージをして戴きました


赤羽橋出張マッサージ


出張マッサージを利用すれば、美容効果も期待できます。出張マッサージで全身にオイルを塗って気持ち良いマッサージを受けることで、リンパが刺激されてデトックスすることもできます。女性の方であれば、セラピストによる施術でアンチエイジングも期待できるために、美容にも最適です。専用の様々なオイルを全身に塗りマッサージを受けることで、非常に優雅な時間を体感することができるでしょう。美容に歓心があるという方や、できるだけストレスを取り除きたいという方であれば、出張マッサージはとてもおすすめできます。体に溜まっている毒素を排除するためにも、出張マッサージの利用で、有意義な時間を過ごしてみるのも良いのではないでしょうか。

■東京都港区 赤羽橋出張マッサージ 40代女性
今回で2度目の利用をしましたが、今回はアロママッサージを受けました。アロマを使う機会がなくて、初めてちゃんとしたアロマの香りを嗅ぎましたが、アロマを好きな方が多いと言うことが分りました。香りが良いと気分もとても落ち着ける気がしました。施術に関しても、とても滑りが良いので、痛くなく、丁度良い力加減なので、とても好きだなと思いました。脚がとても張っていて、辛かったのですが、一回の施術で回復しました。三度目もこれはありだなと思いました。

◎二度目のご利用をくださり誠にありがとうございます。一回目の施術内容を気に入っていただけて、再度ご予約が入ると、セラピスト一度、嬉しい気持ちになります。アロマも初体験と言う事でしたが、アロマには気分を沈めて落ち着かせる効果もありますし、疲労回復にも役立ちます。お疲れを感じたら、どうぞまたアロママッサージを受けてみてくださいませ。お待ちしております。

東京の赤羽橋の魅力

赤羽橋駅

東京の赤羽橋といえば、皆さんご存じの東京タワーのお膝元の街です。東京タワーは人気の観光スポットで、都心の中でも美しい景観が楽しめる、落ち着いた雰囲気が魅力的な街です。赤羽橋駅の赤羽橋口が大江戸線が開通した今では、東京タワーに最も近い出口になっています。赤羽橋周辺では、イオン系列の「まいばすけっと」や「マルエツプチ」、高級食材や輸入食材も入手できる「成城石井」などのスーパーがあり、買い物をするのもとても便利な街です。田町、浜松町といったオフィス街にも近く、徒歩通勤ができる非常に便利な街です。東京の赤羽橋といえば、多くの大使館などがあり、治安もとてもよく、東京都心でも住みやすい街だと思います。超都心でありながら、広大な芝公園で自然も感じることができ、芝公園には観光客も多いので、まわりには飲食店が多く、気軽に入れるラーメン屋さんから、本格中華や老舗のとうふ料理店など、目的に合わせて色々なグルメを楽しむことがでる食の街でもあります。

「オイルマッサージ」で心も体もリラックス!

「オイルマッサージ」は、オイルをふんだんに用いた手技で、優しくゆっくりと時間をかけて体の各部をもみほぐしていくマッサージ手法です。普通の、強くもみこむマッサージとは違い、心身のリラクゼーション・癒しを主目的としたマッサージとなります。オイルたっぷりの手の平で、肌に優しくタッチしながらのマッサージとなりますので、こわばった筋肉の緊張も緩み、リラックス効果も抜群です。また、血行も促進されますので、むくみの解消にもつながります。オイルによる摩擦の軽減により、肌にも刺激が少なく済みますので、マッサージを行った部分に跡が残ってしまう、といったような心配もありません。また、オイルを用いることによる保湿効果もありますので、美肌を気に掛ける方には最適なマッサージです。

赤羽橋付近の出張マッサージのお伺い先

港区六本木台場汐留浜松町田町白金芝・芝公園・芝大門赤坂青山高輪麻布三田泉岳寺芝浦愛宕竹芝麻布十番西麻布・赤羽橋・新橋

渋谷原宿広尾恵比寿

品川区五反田大井町大崎

大田区・羽田馬込蒲田大森

目黒区・目黒

  • 出張マッサージの派遣先東京エリア
  • 都内でマッサージにお伺いする出張エリア
  •   |  

    赤羽橋 – Wikipedia

    赤羽橋(あかばねばし)は、東京都港区の古川に架かる橋。また、北西側にある都営地下鉄大江戸線赤羽橋駅周辺を指す地名。
    概要
    北東が芝公園四丁目、北西が東麻布一丁目、南西が三田一丁目、南東が芝一丁目。
    国道1号桜田通りの一部で、北側の赤羽橋交差点で東京都道319号環状三号線、東京都道301号白山祝田田町線と交差する。上部は首都高速道路都心環状線に覆われ、芝公園出入口で周辺道路と接続する。
    歴史
    江戸時代の橋

    歌川広重『名所江戸百景』「増上寺塔赤羽根」
    創架年代は不明だが、「正保江戸図」には橋が確認できる。延宝3年(1675年)古川の浚渫工事に伴い木橋が架けられ、寛文7年(1667年)頃古川の拡福工事により土橋となった。

    修復は近隣大名の月番で行われ、文政頃には久留米藩有馬頼徳、高知藩山内豊資、伊予松山藩松平定通、浜松藩水野忠邦、川越藩松平斉典、郡山藩柳沢保泰、新庄藩戸沢正胤、三春藩秋田孝季、丸亀藩京極高朗、島原藩松平忠侯、臼杵藩稲葉幾通、清末藩毛利元世、佐土原藩島津忠徹、芝村藩織田長恭の14家が担当していた。この時の橋は長さ11間、幅4間2尺、高さ3尺5寸。

    橋周辺
    古川の内、赤羽橋周辺は特に赤羽川、中ノ橋との間の河岸地は赤羽河岸と呼ばれた。北西側の河岸地では魚商人が毎朝「ちょっと」の間立売を行ったため、ちょろ河岸と呼ばれた。
    橋の北東側には増上寺裏門赤羽門があり、寺への延焼を防ぐ火除地として赤羽広小路が設けられていた。
    橋の南側は江戸時代初期には農村だったが、明暦年間久留米藩有馬家上屋敷、寛文7年(1667年)芝松本町一丁目、二丁目、芝新網町代地、芝中門前三丁目代地が成立し、市街化した。
    文政元年(1818年)、久留米藩が国元から藩邸に水天宮を勧請して賑わったが、明治4年(1871年)、青山に移転した。
    文久3年(1863年)4月13日、浪士組を率いていた清河八郎が橋近辺にて暗殺されている。

    引用元:赤羽橋 – Wikipedia

    電話

    トップに戻る

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ