秋葉原出張マッサージ

東京ラヴィジュールでは秋葉原及び、東京23区のご自宅・ホテル・お勤め先などへお伺いする出張マッサージです。確かな技術と洗練されたマナーを兼ね備えた女性セラピストが、お客様に真心を込めて心からの安らぎをお届けできるリンパマッサージをご提供いたします。

秋葉原付近

電話予約 スマホ、携帯から
080-1300-8325

秋葉原出張マッサージ

出張リンパマッサージの良い点は何か


出張マッサージ料金表


東京ラヴィジュールはSPAを出張先で再現できるよう、アロマオイルやタオルその他備品にもクオリティの高さにこだわっています。
また施術技術向上を図るために定期的に社内研修を行っていますので、セラピストの技術は常に向上しています。業界トップクラスの技術力は勿論、丁寧な接客、真心を込めた笑顔などホスピタリティーを持ってお客様に合わせた、お一人、お一人にワンランク上のリラクゼーションタイムをお届けします。
東京ラヴィジュールの確かな技術を持ったセラピストが、お電話一本ですぐにお伺いいたします!

■深夜遅くまで呼べる出張マッサージ。
秋葉原在住です。仕事が終わり自宅へ帰宅できるのは0時を回っていることから、身体が疲れたり、重かったり凝りが激しくても、なかなか出張マッサージを頼める場所がありませんでした。
そうこうしているうちに、益々仕事がハードになり、仕方なくいつもは起きない時間に起きて、仕事前に近所のマッサージ店を利用するようになりました。
しかし自分の中では、仕事帰りにオイルマッサージを受けられたらどんなに身体が楽になるかなと、言う気持ちがありました。
その話をたまたま知人にすると、深夜までの時間、予約を受け付けてくれるマッサージ店があるとのことで、紹介をしてもらいました。
知人が紹介してくれた出張マッサージは東京都在住者や東京に仕事で来ている人の宿泊ホテルへセラピストを派遣してくれるお店でした。
予約の面でいっぱいでない限り、午前4時まで受付をしてくれるという店で、現在の自分の生活サイクルにはとても合うのです。
セラピストさんにホテルに来てもらいリンパマッサージを初めて体験しましたが、今まで受けていた普通のマッサージよりも身体に長く効いてくれるという印象を持ちました。
深夜遅くまで呼べて、技術は、問題なくリンパマッサージの施術をしてくれるマッサージ店はそうはないと思っているので、自分にとってとても貴重な場所となりました。

秋葉原の駅ちかホテル

  • レム秋葉原
  • ニュータウン秋葉原
  • ドーミーイン秋葉原
  • アパホテル〈秋葉原駅前〉
  • アパホテル〈秋葉原駅電気街口〉
  • グリッズ秋葉原 ホテル
  • リブマックス 秋葉原北
  • ホテルリソル秋葉原
  • 東横INN神田秋葉原
  • ヴィアイン秋葉原
  • 深夜1時15分頃 深夜1時以降だと玄関が閉まるので付近で待ち合わせ。

  • 秋葉原ワシントンホテル
  • ここは、カードキーなので1Fの玄関口付近で待ち合わせ。

    秋葉原(東京都)の周辺にあるもの

    秋葉原

    秋葉原はテレビにもときどき話題になる東京にある電気街です。JR山の手線の東側に位置しています。降車すると、その近くは電気屋が並んでいて、とくに駅近くには外国人がやっているPCショップが多いです。中国語で書かれた中古PCショップがあって、中国語で説明しているPCと、日本語で説明をしているPCが揃っています。
    そのとおりには絵画のショップがあり、ハガキに描いた絵画の販売をしていることがあります。ちなみにそれを安くゲットできるときもあり、店員との交渉しだいでも安くゲットできます。
    高架下にも中古PCショップがあり、中にはいっていくと幾つかのPCショップが両側通路に並んでいます。陳列されている棚に割安なPCが置いてあることがあり、アメリカ人のような外国人が店員をしていて日本語でも話しています。
    車の通行がある車道沿いにはPCショップがところどころ点在しています。主にそこでも中古PCが販売されているの割合が多いです。

    秋葉原付近には、30分以内で到着いたします

    千代田区・丸の内御茶ノ水・神田・秋葉原・飯田橋麹町神保町九段下東京駅半蔵門大手町平河町日比谷

    文京区・水道橋 後楽園湯島本郷小石川根津

    豊島区・池袋巣鴨駒込大塚

    新宿四谷市ヶ谷神楽坂信濃町

  • 出張マッサージの派遣先東京エリア
  • 都内でマッサージにお伺いする出張エリア
  • 秋葉原駅 – Wikipedia

    秋葉原駅(あきはばらえき)は、東京都千代田区にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・東京地下鉄(東京メトロ)・首都圏新都市鉄道の駅である。
    所在地は、JR東日本が外神田一丁目17番6号、東京メトロが神田佐久間町一丁目21番地(住居表示未実施)、首都圏新都市鉄道が神田佐久間町一丁目6番地10(住居表示未実施)である。
    駅周辺
    総武本線は東西に、東北本線(山手線)は南北に通る。南側を神田川が東西に、東側を昭和通りが南北に通る。北隣の御徒町駅にかけての高架下は、ジェイアール東日本都市開発により商業施設「SEEKBASE AKI-OKA MANUFACTURE」として利用されている。
    JRの駅構内では、キャラクターの絵を使用した店舗や企業の広告も数多く掲示されている(秋葉原電気街振興会)。2000年代中頃よりマスメディアによって秋葉原電気街がアキバとして紹介されることも多くなった。
    電気街口
    世界屈指の電気街である秋葉原電気街への出入口であり、駅の西側に位置する。JR専用の改札・出入口ではあるが、南側につくばエクスプレス線A1出入口および中央改札口を連絡する東西自由通路があり、この通路を通ることで東京メトロ日比谷線への行き来も可能。なお、秋葉原電気街の詳細は秋葉原を参照されたい。

    西側の電気街にある中央通りの地下には東京メトロ銀座線が通っているが、同線における電気街への最寄り駅は末広町駅である。電気街の中心地はおおよそ同駅と神田駅の中間付近となる。なお、1930年から1931年にかけてはこの付近に仮設駅の万世橋駅が存在していた。

    国鉄中央本線のターミナル駅であった万世橋駅は駅南西の神田川対岸にあった。跡地はその後交通博物館となったが、2006年5月14日に閉館し、埼玉県さいたま市大宮区に2007年(平成19年)10月14日に開館した鉄道博物館にその役割を譲った。その後、2012年7月3日には、JR東日本が交通博物館の跡地において、旧万世橋駅遺構、万世橋高架下開発、オフィスビル「JR神田万世橋ビル」の工事に着手することを発表した[報道 18]。オフィスビル「JR神田万世橋ビル」は2013年1月10日に、同年9月14日には駅構内(ホーム含む)跡地を改装し商業施設「mAAch ecute神田万世橋」が竣工した[22]。なお、万世橋駅の開設以前にはその西側に昌平橋駅が存在していたこともあった。

    かつては総武線ホームの北側に隣接してアキハバラデパートがあり、同路線ホームに直結するデパート口改札が設置されていたが、2006年12月31日をもって閉店した[23][新聞 1]。その後建物は解体され、建て替えや電気街口のリニューアル工事が行われ、2010年11月19日に新しく「アトレ秋葉原1」がオープンした[報道 4]。これに伴い、閉鎖されたデパート口改札もアトレ1改札口として再設置された。

    2017年5月9日には、JR東日本が電気街口改札に隣接するホテルを、「ホテルメッツ秋葉原(仮称)」として2019年秋に開業することを発表した。その後、2019年6月28日には、JR東日本が「JR東日本ホテルメッツ 秋葉原」として、同年10月7日に開業することを発表した

    引用元:秋葉原駅 – Wikipedia

    電話

      |  

    トップに戻る

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ