神楽坂出張マッサージ

神楽坂の風景

電話予約 スマホ、携帯から
080-1300-8325

神楽坂出張マッサージのご案内

神楽坂で出張リンパマッサージをして戴きました


神楽坂出張マッサージ

神楽坂

神楽坂はテレビや雑誌で紹介されるような知名度が高い街です。東京メトロ東西線神楽坂駅を降り神楽坂の坂を下って、JR中央線・総武線が通る飯田橋駅の西口が見える坂の終わりまで約1kmあります。もし神楽坂を訪れる機会があるなら、時間を多めにとってゆっくり散策する事をおすすめします。また、神楽坂付近のホテルで出張マッサージをご利用のお客様より自宅で出張マッサージをご利用のお客様が多いのが特徴です。歩いてみると神楽坂は一見ただの賑わいのある坂道ですが、左右に沢山の道があります。目的の場所が無いなら自分の気に入った道を選んで踏み出してください。するとさっきまでの雰囲気がガラッと変わって違う世界に紛れ込んだような体験ができるのです。細い道はくねくねと枝分かれして、ある時は芸妓さんの唄の声が響く石畳に続きます。またある時は異国情緒溢れるフレンチレストランにたどり着くでしょう。自分の感覚と気分の赴くままに散策を楽しめるのが神楽坂の魅力です。疲れたら昔ながらの日本家屋でまんじゅうを食べて一休みも良いでしょう。夕暮れにはまた違う神楽坂の顔が現れます。個性的なBARに迷い込んでお酒を楽しむのも素敵です。大人だからこそ楽しめる発見や体験ができて、すすんで迷い込んで散策したい街、それが神楽坂という街です。
東京メトロ東西線神楽坂駅付近のホテルやご自宅は、交通費無料コース時間は、60分からです。

出張交通費 無料
到着までの所要時間 10分から20分

神楽坂出張マッサージの利用料金

60min \13,000
90min \19,500
120min \26,000
150min \32,500
180min \39,000
210min \45,500
240min \52,000
延長 30min \6,500
指名料 \1,000
出張交通費 無料

神楽坂出張マッサージはメリットがたくさん

疲れたと思った時に、とても便利なものとして出張マッサージがあります。しかしその出張マッサージはどんなものかわからない人にとっては、利用することを躊躇してしまうのではないでしょうか。一度利用するとクセになるという程、出張マッサージはとても評価が高いです。ここではその出張マッサージのメリットについてご紹介します。

・外出しなくていい
出張マッサージのメリットとして一番大きいのは、なんといっても電話一つにその場所にきてもらうことができるところです。外出をするとなると、なんとなく疲れることがありますね。マッサージをして欲しいと思っても、その場所まで行くことが辛いのです。そんな時、自宅やホテル等にきてもらうことができるのは、とても嬉しい事ですね。

・準備をしなくてもいい
自宅やホテルにいる時に、いろいろなことを準備をしなくてもいいところもメリットです。そのままベッドなどに横になるだけでいいのです。その点でも、とても気軽に利用できる点です。

神楽坂出張マッサージ施術メニュー


アロママッサージって、なんとなく敷居が高いセレブなイメージを持っちゃう人もいると思います。が、セルフでやると敷居はグンと低くなります。私は気に入った香りのアロマオイルで、お風呂上がりにマッサージしています。アロマオイルを手のひらに数滴たらして、手のひらでオイルを温めます。それを目の周り以外の顔になじませてから、自分の手でリンパマッサージをするんです。面白いのが、マッサージ中の感じ方がその日によってびっくりするくらい変わること。調子がいい時は、ただただ気持ちいい時間。それが、ストレスで食いしばったりした日にはゴリゴリとした感覚、そして痛いです。調子に合わせてマッサージの長さは変えますが、終わるとスッキリします。私はこれでほうれい線が少し、改善されましたよ。100均でも顔に使える物ありますので、お好みの香りで至福の時間、試してみませんか?


神楽坂付近の出張マッサージのお伺い先

千代田区丸の内御茶ノ水神田秋葉原飯田橋麹町神保町九段下東京駅半蔵門大手町平河町日比谷

文京区水道橋 後楽園湯島本郷小石川根津

豊島区池袋巣鴨駒込大塚

新宿四谷市ヶ谷・神楽坂・信濃町

  • 出張マッサージの派遣先東京エリア
  • 都内でマッサージにお伺いする出張エリア
  • 神楽坂 – Wikipedia

    神楽坂(かぐらざか)は、東京都新宿区で牛込地域南西部に位置する。早稲田通りにおける大久保通り交差点から外堀通り交差点までの坂である。坂の周辺の地名でもあり、神楽坂一丁目から六丁目がある。全域住居表示未実施。#町名の変遷を参照。江戸時代には、外堀に設置されていた牛込門に通じる交通の要衝だった。

    なお大久保通りとの交差点が「坂上」、外堀通りとの交差点が「坂下」[4]となる。またこの地名は東京メトロ東西線神楽坂駅や都営大江戸線牛込神楽坂駅など駅名にも使われている。
    名称の由来
    「神楽坂」の名称の由来について、「江戸名所図会 巻之四」(天保7年)によれば、この坂の右側に高田穴八幡の旅所があり、祭礼で神輿が通るときに神楽を奏したからとも、「若宮八幡の社」の神楽の音がこの坂まで聞こえたからともいわれる。 また、「改撰江戸志」 (原本は残っておらず成立年代は不明だが文政以前にすでに存在が確認されている) には、津久戸明神が元和の頃に牛込の地に移転した時、神輿が重くてこの坂を上ることができなかったが、神楽を奏すると、容易に上ることが出来たため、この時より「神楽坂」の名が付いたと記されている。

    特徴
    神楽坂は、全国的にも稀な逆転式一方通行となっており、自動車などの進行方向が午前と午後で逆転する。午前中は「坂上→坂下」(早稲田側から飯田橋側へ)であるが、午後は「坂上←坂下」となり、通行する際は注意が必要である。逆転式一方通行となった背景に、その昔田中角栄が目白台の自宅から永田町に出勤し(午前)帰宅する際(午後)に便を図ったからともいわれるが、これはタクシーの運転手によって広まった都市伝説である[5]。実際の理由としては、急激な交通量の増加で規制を求める声が上がり、その最中に通り沿いの陶器店に車が突っ込む交通事故が発生、これが元で規制が行われたものの周辺で大渋滞が発生したことから、1956年に都心から西側の住宅地に向けた一方通行となり、1958年に現在の逆転式一方通行になった[6]。

    周辺
    神楽坂付近は、大正時代に隆盛を誇った花街で、飯田橋駅を背にした坂の右手に残る花街特有の路地は、日本でもここにしかないといわれている。また関東大震災以後は、日本橋・銀座方面より商人が流入し、夜店が盛んになった。山の手銀座と言われた[7]時期はこの時で、林芙美子や、矢田津世子の小説にも登場する。坂沿いには商店街が立ち並び、瀬戸物屋・和菓子屋など和を思わせるお店が中心であった。田山花袋は「電車がないから、山の手に住んだ人達は、大抵は神楽坂の通りへと出かけて行った」と記しており、都市交通網の整備によって、神楽坂から銀座や日本橋に殷賑の地が移って行ったと解している[8]。2003年以後特にチェーン店やコンビニエンスストアの進出が目立ち、それとともに、夏目漱石の通った田原屋などの老舗が急速に減少しつつある。また周辺の住宅街でも次々にマンションが建設されており、昔からの風情は失われていっている。

    表通りから一歩入ると静かな路地があり、住宅街のなかにレストランや料亭などが多く見られる。かつては江戸時代に蜀山人、明治期に尾崎紅葉・泉鏡花などが住み[9]、尾崎紅葉旧居跡は新宿区指定史跡、泉鏡花の旧居跡は新宿区登録史跡になっている。また、坂の周辺には毘沙門天善國寺をはじめ、若宮八幡や赤城神社など多くの寺社が散在する。

    周辺の学校には、東京理科大学・法政大学があり、また、アンスティチュ・フランセ東京(旧・東京日仏学院)をはじめとし、フランス関係機関の多さから、フランス人をはじめ海外からの人も見うけられる。

    坂下(飯田橋側)にあったパラパラの殿堂といわれたディスコ「ツインスター」(1992年開店)は2003年8月に閉店し、跡地は結婚式場兼フランス料理店に衣替えした。5丁目から矢来町にかけては、著名人なども住む高級住宅地と、昔ながらの人たちが住む住宅地が混在している。東京メトロ東西線の神楽坂駅を過ぎ、矢来町へ進むと矢来能楽堂がある。休日には歩行者天国になり地元の商店街は多くの人でにぎわい、生活感のある風景がひろがる。
    交通
    神楽坂駅 – 東京メトロ東西線
    牛込神楽坂駅 – 都営地下鉄大江戸線
    飯田橋駅 – JR総武線(各駅停車)・東京メトロ東西線・東京メトロ有楽町線・東京メトロ南北線・都営地下鉄大江戸線
    江戸川橋駅 – 東京メトロ有楽町線

    引用元:神楽坂 – Wikipedia

      |  

    トップページに戻る

    電話

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ