日本橋出張マッサージ

東京は、日本橋のこのエリアにも西鉄イン日本橋をはじめスマイルホテル東京日本橋やコンフォートホテル東京東日本橋、東横INN東京日本橋など多数のホテルがございますね。当店では、エステのお店でしか受けられないオイルを使用した濃厚なリンパマッサージの施術をお客様の自宅やホテルにセラピストが出張マッサージお伺いしております。是非ともお試し下さいませ。

日本橋付近

電話予約 スマホ、携帯から
080-1300-8325

日本橋出張マッサージ

都内のホテルでリンパマッサージを受けてみました


出張マッサージ料金表


日本橋へ出張で行く事が多いのですが、度々お願いするマッサージ店がありました。
しかし数年間利用していたマッサージ店が閉鎖してしまい、日本橋付近でどこか良いマッサージ店はないかなと?思っている時に、仕事関係で世話になっている方よりお勧め店として紹介されたのが東京ラヴィジュールでした。
知人が言うには高クオリティなマッサージをしてくれると言うので迷わず東京ラヴィジュールに次からはお願いしようと決めました。
オイルマッサージの全身と足裏のツボもやってもらえるコースの120分で予約を取りました。
ここは、出張専門店なのですが、東京23区のホテルであればとこでも出張をしてくれるとの事で、その時に宿泊していた日本橋のホテルには予約を入れた後30~40分で来て貰うことが出来ました。
20代後半かな?と思う様な若さの女性でしたので、施術面の力とかはあるのかな?と、一瞬心配になりましたが、そんな心配は無用でした。
120分間最後までたっぷりじっくり力強い施術をしてもらえたので、完璧に1度の施術で身体が良い状態になり、凝りも全て取れました。
知人が言っていた通り、高クオリティの出張マッサージだと思います。100点をつけてもいいかなと思う技術、接客態度でした。

スムーズに施術を受けられる出張マッサージ

ホテルで出張マッサージを受けてみた率直な感想

体調が今一つな方々は、リンパマッサージを検討する事もよくあります。現にそれはデトックスに関する力は期待できますから、一度は施術を受けてみると良いでしょう。
ところでリンパマッサージには、出張という手段があります。もしも無難に施術を受けたいと思うなら、実店舗よりは出張の方が良い事も多いのです。なぜなら、スムーズに施術を受けられるメリットがあるからです。
そもそも人によっては、不慣れな場所に行くこともあるでしょう。実店舗の場所が明確に分かっていれば良いですが、たまに初めて日本橋のお店に行く事もあるのです。そういう状況ですと道に迷ってしまい、施術を受けるだけで疲れてしまう事もあります。やはり不慣れな経験をすると、どうしても疲れる事が多いのです。
ところが出張マッサージの場合は、そういうリスクもあります。自宅にわざわざ来てくれる訳ですから、総じてスムーズに施術を受けられる傾向があります。
まして出張サービスの場合は、わざわざ遠い場所まで足を運ぶ必要も無いでしょう。明らかに出張してもらう方が楽なのです。
もちろん労力が少なければ、リンパによる刺激で大いにリラックスできると見込めるでしょう。ですからリンパマッサージは、やはり出張がおすすめと言えます。

日本橋(東京)付近のホテル

  • マンダリン オリエンタル 東京
  • 東京都中央区日本橋室町2-1-1
    38階のフロントまでは普通に行けますが、乗り換えの際のエレベーターはカードキーが必要な為、38階フロント階までお迎えが必要となります。

  • 西鉄イン日本橋
  • 東京都中央区日本橋小舟町15-18
    東京メトロ半蔵門線「日本橋三越前駅」B6出口から徒歩6分
    24時から6時 入口カードキーが必要の為、待ち合わせが必要です。

  • 東急ステイ日本橋
  • 東京都中央区日本橋本町4-7-9

  • アイホテル日本橋
  • 東京都中央区日本橋富沢町11-19

  • セルメスイン日本橋
  • 東京都中央区日本橋蛎殻町1-1-1

  • 三井ガーデンホテル日本橋プレミア
  • 東京都中央区日本橋室町3-4-4

  • アルモントイン東京日本橋
  • 東京都中央区日本橋小網町4-6

  • アパホテル〈東日本橋駅前〉
  • 東京都中央区東日本橋3丁目12-14

  • ホテルヴィラフォンテーヌ東京日本橋三越前
  • 東京都中央区日本橋本町1-7-6

  • スマイルホテル日本橋三越前 (旧:鴨川イン日本橋)
  • 東京都中央区日本橋本町1-4-14

  • アパホテル〈日本橋 馬喰町駅前〉
  • 東京都中央区日本橋馬喰町1丁目6-6

    スマイルホテル東京日本
    コンフォートホテル東京東日本橋
    ロイヤルパークホテル
    東横イン東京日本橋
    アパホテル〈人形町駅北〉
    アパホテル〈日本橋浜町駅南〉
    ホテルヴィラフォンテーヌ日本橋箱崎
    ホテル日本橋サイボー
    東横イン日本橋人形町
    アパホテル〈小伝馬町駅前〉
    スマイルホテル日本橋三越前
    東横イン日本橋東京駅新大橋前
    ホテルリブマックス日本橋箱崎
    シティペンション ゼム
    東横イン日本橋日本橋税務署前
    相鉄フレッサイン 日本橋人形町
    ホテルリブマックス東京馬喰町
    政府登録ホテル かずさや
    東横イン日本橋日本橋三越前A4
    東京堀留ヴィラ
    スーパーホテル東京・日本橋三越前
    ホテル日本橋ヴィラ
    相鉄フレッサイン 日本橋茅場町
    R&Bホテル東日本橋
    ドーミーインPREMIUM東京小伝馬町
    ホテル奉仕会館
    セルメスイン日本橋

    相鉄フレッサイン 日本橋茅場町 (旧:トレストイン日本橋)
    東京都中央区日本橋茅場町1-3-10
    追加料金2000円でOK! フロントスタッフに確認済み

    相鉄フレッサイン 日本橋人形町
    東京都中央区日本橋蛎殻町1-15-4
    部屋のカードキーがないとエレベーターが動かないので、セラピストを迎えに行く必要あります。

    ■セラピストがお伺い出来ないホテル
    センターホテル東京

    「江戸」を感じることができる日本一の町、それが東京・日本橋

    日本橋

    江戸の日本橋は「五街道」の起点として有名です。安藤広重の「東海道五十三次」の絵を連想する人もいるのではないでしょうか。
    現在の日本橋は残念ながら、高速道路の下に隠れるようになってしまっています。これは戦後、東京オリンピックのために、無理やり高速道路を通してしまったためです。
    唯一、現在も残る橋の表示「日本橋」の文字が、十五代将軍徳川慶喜の筆になるものというところに、往時の面影をとどめていると言っていいでしょう。

    高速道路を地下に通して、日本橋を元通りにしようという計画が、前都知事時代に提唱されましたが、工事費用が莫大なために、実現のめどはまったく立っていないようです。
    けれど、東京駅の例もあります。なんといっても、江戸時代の日本の中心だったのですから、ぜひ「国家事業」として、日本橋の復元をしてほしいと、私は思っています。
    さて、現在の日本橋で観光と言うことになると、橋のほかは商業ビルという事になるでしょう。日本橋三越本店、高島屋という2大老舗を中心に、コレド室町、コレド日本橋という商業ビルも人気です。

    日本橋付近の出張マッサージのお伺い先

    中央区八重洲勝どき・日本橋・晴海箱崎築地茅場町銀座京橋小伝馬町八丁堀月島新富町人形町豊海町

    台東区上野御徒町浅草鶯谷浅草橋

    墨田区両国錦糸町押上

    江東区門前仲町亀戸有明木場潮見豊洲東雲深川東陽町

    江戸川区葛西

  • 出張マッサージの派遣先東京エリア
  • 都内でマッサージにお伺いする出張エリア
  • 日本橋 (東京都中央区) – Wikipedia

    日本橋(にほんばし)は、東京都中央区の日本橋川に架かる橋、またはこの橋に因む東京都中央区の町丁、および同区北部の広域地名である。
    日本橋地域

    昭和初期の日本橋地域。中央に白木屋、上部に少し三越が見える
    広域地名としての日本橋は、東京都中央区北部で、旧日本橋区全域を指す。後述の「日本橋 (町名)」以外で、最寄り鉄道駅名や通称で「日本橋」を冠していなくても、行政上の町名が「日本橋~」である地域も多く、八重洲一丁目も含む[23]。日本銀行本店や東京証券取引所の立地する日本を代表する金融街であり、また老舗の百貨店を含む商業施設も多く、他にも問屋街や多くの製薬会社が連なる地域である。

    歴史
    近代以前
    現在の日本橋を中心とした地域は、古くは武蔵国豊嶋郡に相当し、その中の江戸郷前嶋村と呼ばれる地域だったという。江戸は鎌倉時代の江戸氏の支配から太田道灌、さらに後北条氏を経て徳川家康が幕府を開く。その過程で、早くに町地として開発されたのがこの日本橋周辺の地域であった。さらに上でも触れたように日本橋が架けられ交通の要所として定められてからは、三越の前身である越後屋をはじめとする大店が集まり、また付近には金座や銀座が置かれるなど、江戸を代表する場所として殷賑を極めた。

    近代以降
    明治元年(1868年)、江戸府内は東京府となり、日本橋の辺りは維新の混乱により一時寂れた。しかしガス灯や鉄道馬車が敷設されるなど程なく息を吹き返し、江戸の昔に変わらぬ繁栄を見せるようになった。1878年(明治11年)施行された郡区町村編制法により、日本橋を中心とした周辺の地域は日本橋区となり、1889年(明治22年)には東京市に属した。1896年(明治29年)には本両替町にあった金座の跡に日本銀行が建てられた。また大店の越後屋や白木屋が百貨店として生まれ変わり、1908年(明治41年)には越後屋こと三越が洋館の店舗を落成させるなど次第に洋風建築も増え、近代的な町並みへと変わっていった。

    1923年(大正12年)、関東大震災により日本橋区は甚大な被害を受ける。震災後定められた土地区画整理事業によって河川や道路の改修、拡幅が行われ、昭和通りや浜町公園ができた。古くから日本橋のたもとにあった魚河岸も築地へと移転した[24]。 第二次大戦において、日本橋区は1945年(昭和20年)の空襲により、再び区内の大半を消失する被害を蒙る。終戦後、東京都の主導により日本橋区は南に接する京橋区(現在の中央区のおよそ南半分)と合併することになった。日本橋区会(現在の区議会に相当)では他区との合併に難色を示す議員が多く、統合後も日本橋の名前だけは残したいとの意向から、京橋区との合併決議に町名に日本橋を冠することとする項目が盛り込まれ、中央区発足時に旧・日本橋区内の全ての町名に日本橋が冠称された[25]。現在中央区のおよそ北半分の地区に見られる数多くの「日本橋○○町」という町名は、中央区発足時の町名変更の名残りである。なお、京橋区側の町名はそのままとなった。

    その後、戦災復興期の区画整理により日本橋呉服橋は八重洲一丁目に、1970年(昭和45年)以降の住居表示実施に伴う町名の統合により、日本橋芳町や日本橋北堀町などが隣接する既存の町名に変更され、日本橋を冠する町名の一部は消滅した。また、日本橋や東日本橋(旧:日本橋両国など)といった新しい町名が住居表示実施に伴い誕生した。1973年(昭和48年)、住居表示の実施により、「日本橋通」(一丁目 – 三丁目)と「日本橋江戸橋」(一丁目 – 三丁目)の2町を合併し、現在の日本橋となった。

    引用元:日本橋 (東京都中央区) – Wikipedia

    電話

      |  

    トップに戻る

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ