浜松町出張マッサージ

東京ラヴィジュールは、浜松町のご自宅やご宿泊先のホテルなどにお電話ひとつで癒しの時間をお届けいたします。
外出するストレスのない、お客様の最も落ち着ける場所でリンパマッサージできるので、普段の生活で溜まった疲労やストレスを、より深く癒すことが出来ます。

浜松町付近

電話予約 スマホ、携帯から
080-1300-8325

浜松町出張マッサージ

信頼が置ける出張リンパマッサージ


出張マッサージ料金表


深夜にも関わらず予約が取れました。
約1ヶ月前のことになりますが、浜松町に連泊出張に行っていました。
昨年まではあまり浜松町での仕事はありませんでしたが、今年はもう5度目の出張でした。
身体も疲労度がピークに達していたので、マッサージを受けたいと思いましたが、ホテル専用のマッサージは特にないとの事なので、自分でマッサージを探した時に、東京ラヴィジュールを知りました。
20時から~翌朝の5時まで予約・営業している出張マッサージ店との事なので、仕事が終わり部屋に戻ってきて一息ついてから来てもらう事が出来ました。
初回の人が利用するという60分のコースをお願いしてみました。
30代そこそこくらいと思われる年齢のきれいな女性がマッサージをしてくれましたが、女性の割りにとても力強いので驚きました。
女性のセラピストさんの場合は、繊細な指遣いだけを普段は期待しますが、今回は指遣いの強さも大変満足がいくマッサージでした。
料金もシステムもとても分り易く、施術前に清算をしてからマッサージに入ります。
延長も30分ごとにしてもらうことが可能だとの事です。
また東京へ仕事で行く際には利用してみたいと言う感じになりました。
ネットからたまたま見つけた出張マッサージにしてはクオリティ高くてとても満足がいきました。

浜松町(東京都)付近の出張、可能なホテル

相鉄フレッサイン 浜松町大門 03-5472-2031 JR山手線・京浜東北線 浜松町駅北口より徒歩8分、東京モノレール モノレール浜松町駅より徒歩8分
ホテルマイステイズプレミア浜松町 03-3432-2726 JR山手線浜松町駅北口より徒歩5分、モノレール浜松町駅より徒歩8分
ヴィラフォンテーヌ 浜松町 03-5730-6660 JR線・東京モノレール「浜松町駅」金杉橋口 S5階段より8分
チサンホテル浜松町 03-3452-6511 JR「浜松町」駅南口より徒歩8分 (連絡通路を東芝ビル方面へモノレール線路沿い)
ホテルマイステイズ浜松町 03-6689-3939 JR山手線「浜松町」駅北口より徒歩6分
名鉄イン浜松町 03-5472-3434 東京都港区浜松町一丁目19-14
三交インGrande東京浜松町 03-6435-9537 東京都港区浜松町2丁目7番18号
スーパーホテル東京・浜松町 03-6361-9000 東京都港区浜松町2丁目2-1
変なホテル東京 浜松町 050-5894-3781 港区浜松町1丁目24−11
MusBee東京浜松町 03-6402-5240 東京都港区浜松町1-16-11

「新しいものと古いものとが混在する街「浜松町」

浜松町

浜松町はちょっと不思議な街です。
近代的な高層ビル群があるかと思えば、日本庭園やお寺があったり、さまざまな表情を持っています。
浜松町には世界貿易センタービルをはじめ、東京ガス本社、東芝本社などオフィスビルが林立しています。都内でも有数のオフィス街でもあります。
一方、旧芝離宮恩賜庭園や増上寺があるのも浜松町です。
旧芝離宮恩賜庭園は、大久保忠朝の上屋敷の庭園で、現在は都立庭園となっています。
見どころは、入口近くの藤棚と、中国の西湖をモデルに造られた西湖堤。
桜も綺麗なので、訪れるなら春がおすすめです。
でも一番の見どころは、間近に迫る高層ビル群と庭園とのコントラスト。それほど広い庭園ではないので、すぐ近くのオフィスビルが背景に見えます。静かな庭園ですが、どこに佇んでいてもイヤでもビル群が目に映るので、何とも不思議な感覚に陥ります。
少し歩くと増上寺の大門があります。ここは増上寺の参道ですが、ふつうの道路にお寺の門が建てられていて、これも面白い光景です。
その門の先には増上寺の三解脱門(三門)があります。国の重要文化財に指定されていて、こちらは大門よりずっと立派。
この門をくぐると増上寺の境内となります。階段の先には本堂がありますが、その背景には東京タワーが増上寺を守るかのようにそびえ立っています。
東京タワーもここからすぐ近くなので、遠くで見ているよりもずっと巨大に見えます。
昼間の景色も良いのですが、夜がオススメ。ライトアップされた東京タワーと増上寺との対比が面白く見事です。
本堂の奥には、徳川将軍墓所がありますが、特別公開日以外は非公開なので、門から先に入ることはできません。でもこの青銅製の門がまた素晴らしいので、この門だけでも一見の価値ありです。
浜松町周辺は再開発により、世界貿易センタービルも建て替えが決まっています。さらにオリンピック開催で、これから大きく変貌することでしょう。
でも旧芝離宮恩賜庭園と増上寺は昔のままの姿を保っています。
未来と過去が同時に存在する、浜松町はそんな不思議な街なのです。

浜松町付近の出張マッサージのお伺い先

港区六本木台場汐留・浜松町・田町・白金芝・芝公園・芝大門赤坂青山高輪麻布三田泉岳寺芝浦愛宕竹芝麻布十番西麻布赤羽橋新橋

渋谷原宿広尾恵比寿

品川区五反田大井町大崎

大田区・羽田馬込蒲田大森

目黒区・目黒

  • 出張マッサージの派遣先東京エリア
  • 都内でマッサージにお伺いする出張エリア
  • 浜松町 – Wikipedia

    概要
    港区北東部に位置し、JR山手線・JR京浜東北線・東京モノレール羽田空港線の浜松町駅、都営地下鉄浅草線・都営地下鉄大江戸線の大門駅がある。町域の大部分は浜松町駅・大門駅を中心としたビジネス街・商業地であり、ビル街の中に住宅が混在している。東京国際空港(羽田空港)へ延びる東京モノレール羽田空港線の起点駅があることから、日本では主に駅名として広く知られている。

    浜松町一丁目は、天正18年(1590年)に徳川家康が江戸城に入城して以来、江戸城の城下町として整備された。慶長3年(1598年)、徳川将軍家菩提寺である増上寺が麹町より現在地に移った。慶長6年(1603年)には、東海道が現在の国道15号線上に定められ様々な店が並び商業地域の中心となり、軒を連ねる店の後ろには、松平家や森家、酒井家など、徳川将軍の家臣である大名屋敷が建ち並び、いわゆる江戸の町が形成された。浜松町一丁目の北側は「芝新銭座」(しばしんせんざ)と呼ばれ、寛永13年(1636年)にこの地に江戸における最初の銭貨鋳造所が設けられ、寛永通宝が鋳造されていたと伝えられている。芝の鋳造所は元文年間(1736年~1741年)頃に姿を消したとされているが、後世まで「新銭座」として地名が受け継がれ、旧町名は「芝新銭座町」という。

    その後、「福澤屋諭吉」が誕生した明治2年(1869年)。当時、福澤諭吉と慶應義塾はこの「芝新銭座」に居を構えていた。それまで特定の名称がなかった「福澤塾」は「慶應義塾」と命名され、この新銭座の地が「慶應義塾」の発祥地。時に慶応4年(明治元年)。その敷地400坪余に100人程の塾生を収容できる塾舎が建てられ、本格的な英学塾が発足した。

    浜松町二丁目の貿易センタービルの南裏側(旧芝浜松町四丁目の一部)は、かつて芝新網町(しばしんもうちょう)と呼ばれ江戸時代から続く三大貧民窟の一つであり、乞胸(ごうむね)・願人(がんにん)など江戸特有の賤民の居住地であった[6]。いずれも徳川時代の旧非人系の被差別部落であり、資本主義の発展の元で都市スラムとして拡大した。日露戦争(1905年)後、都市の拡大とともに、貧民窟には様々な圧力が加わった[7]。下谷万年町や芝新網町では、地価の高騰で家賃が上がり、多くの人々は場末の細民街に移動した。特に屑物屋は営業規則の施行で、荒川区の日暮里や三河島へと移転。四谷鮫ケ橋では、新宿南町の長屋へ移動していく人が多かった。

    引用元:浜松町 – Wikipedia

    電話

      |  

    トップに戻る

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ